暴落相場が本格的にスタートした!コロナショックの安値まで下がる可能性もアリ?

mohamed HassanによるPixabayからの画像 暴落相場に突入した 今回の記事では、エミン・ユルマズ氏によるファンダメンタルズ的相場観をご紹介します。 エミン氏は長期的には日本株の爆上げを予測されていますが、 […] 投稿 暴落相場が本格的にスタートした!コロナショックの安値まで下がる可能性もアリ? は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

指数CFDのスプレッドが狭い業者はどこ?約定スピードが速いのはどこ?

CFDの新規口座開設が急増中! とある証券会社のセールスマンから聞いた話ですが、CFDの口座開設が急増しているそうです。 くりっく株365の口座数に限って言えば、2015時点では約5万口座だったのが、2022年2月時点で […] 投稿 指数CFDのスプレッドが狭い業者はどこ?約定スピードが速いのはどこ? は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

Posted in CFD

武者陵司氏が断言「円安が日本復活の神風になる!日経平均は4万円へ!」

今の円安傾向は「良い円安」 現在の円安に関して、「悪い円安」という経済アナリストや評論家が多い中、武者陵司氏は「良い円安」と明言しています。 そして、この円安は日本経済復活の強力な追い風となり、日経平均は4万円を目指すと […] 投稿 武者陵司氏が断言「円安が日本復活の神風になる!日経平均は4万円へ!」 は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

「岸田に投資を!」の真意は「自分で資産運用してお金を増やしてね」なのか?

岸田総理「岸田に投資を!」と訴える 政権発足以来、ほとんどなにも成し遂げていない岸田総理ですが、ロンドンのシティーで金融街シティーで行った演説で、日本の個人金融資産約2000兆円を貯蓄から投資へと誘導する「資産所得倍増プ […] 投稿 「岸田に投資を!」の真意は「自分で資産運用してお金を増やしてね」なのか? は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

「岸田に投資を!」の真意は「自分で資産運用してお金を増やしてね」なのか?

岸田総理「岸田に投資を!」と訴える 政権発足以来、ほとんどなにも成し遂げていない岸田総理ですが、ロンドンのシティーで金融街シティーで行った演説で、日本の個人金融資産約2000兆円を貯蓄から投資へと誘導する「資産所得倍増プ […] 投稿 「岸田に投資を!」の真意は「自分で資産運用してお金を増やしてね」なのか? は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

日本の老後資金2000万円問題、米国では2億円必要になる!

日本では2000万円必要、米国では約2億円必要 老後資金2000万円問題は多くの日本人を不安に陥れました。これを機に、積立投資を始めた方も大勢いると思います。 投資大国アメリカでは、老後資金はいくら必要なのでしょうか? […] 投稿 日本の老後資金2000万円問題、米国では2億円必要になる! は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

「ロシアによるウクライナ侵略」過去チャートから考える今後の株式相場

ロシアによるウクライナ侵略 2022年2月24日に始まったロシアによるウクライナへの侵略により、金融市場は大混乱に陥りました。 地政学リスクに起因した株価の下落は何度も起きています。 今回の記事では、株価下落後、どのよう […] 投稿 「ロシアによるウクライナ侵略」過去チャートから考える今後の株式相場 は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

インフレ対策には実物資産と株式への投資が最も堅実である理由

日本でもインフレの兆しが見えてきた 経済アナリストのエミン・ユルマズ氏が、最新動画でインフレ時の資産防衛術について解説していますので、ご紹介したいと思います。 エミン氏によりますと、2021年12月の時点で、アメリカの消 […] 投稿 インフレ対策には実物資産と株式への投資が最も堅実である理由 は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

アメリカ人の約6割は退職後の備えがないという衝撃の事実

日本人になじみ深い老後資金問題 内閣府が7日に公表した「国民生活に関する世論調査」によりますと、国民の8割近くが日常生活での悩みや不安について「感じている」、または「どちらかと言えば感じている」と回答しており、これは過去 […] 投稿 アメリカ人の約6割は退職後の備えがないという衝撃の事実 は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。

アメリカの賃金上昇が続く一方で高インフレに苦しむ庶民

賃金の上昇が続くアメリカ 西村博之氏の最近のツイートによりますと、アメリカでは(というかニューヨーク)では、バイトの時給が2000円を超えているようです。その理由として、時給を上げないと募集しても人が集まらないそうです。 […] 投稿 アメリカの賃金上昇が続く一方で高インフレに苦しむ庶民 は 一生使える株式投資術の実践的考察 に最初に表示されました。